Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

2020年末に「Adobe Flash Player」のサポートが終了する。すでにアンインストールが推奨されており、端末より削除されているかあらためて確認したい。(2020/12/01)
サーバなどで広く利用されているLinuxディストリビューション「CentOS 6」が、11月30日にサポートの終了を迎えた。同梱されているソフトを含め、12月1日以降はアップデートが提供されなくなるため注意が必要だ。(2020/11/30)
2020年度上半期に個人情報保護委員会に寄せられた個人データ漏洩に関する報告は481件だった。一方マイナンバーに関する漏洩報告は86件で3件が重大事案だった。(2020/11/30)
JPCERTコーディネーションセンターは、既知の脆弱性が修正されていないFortinet製品を利用するホストのリストが公開されているとして注意を呼びかけた。国内の情報も含まれている。(2020/11/27)

新着記事

2020/12/01
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
2020/11/30
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
2020/11/27
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
2020/11/26
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
2020年11月の記事一覧へ