Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに同社ブラウザのセキュリティアップデートとなる「Chrome 97.0.4692.99」をリリースした。(2022/01/20)
Oracleは、四半期ごとに公開している「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。広い製品に対してパッチを提供しており、対応した脆弱性はのべ497件にのぼっている。(2022/01/20)
Zohoが提供するエンドポイント管理ソリューション「Zoho ManageEngine Desktop Central」「同MSP」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。(2022/01/20)
一般消費者がパーソナルデータを活用したサービスを選択する条件でもっとも多かったのは「安全管理措置の確保」だった。(2022/01/18)

新着記事

2022/01/21
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2022/01/20
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
2022/01/19
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
2022/01/18
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
2022/01/17
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
2022年01月の記事一覧へ