Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

NTTドコモにおいて10月14日17時ごろより通信障害が発生していた問題で、10月15日22時に完全復旧した。(2021/10/15)
SAPは、10月の月例セキュリティパッチを公開した。重要度がもっとも高い「HotNews」とされる新規のアドバイザリ2件が含まれる。(2021/10/14)
JPCERTコーディネーションセンターは、2021年第3四半期に同センターが把握したインシデントの状況について取りまとめた。前四半期を上回るインシデントが確認されており、なかでもサイト改ざんやマルウェアサイトが高い増加率を示した。(2021/10/14)
マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。「クリティカル(Critical)」とされる3件をはじめ、あわせて74件の脆弱性を修正した。「Win32k」に関する脆弱性はすでに悪用が確認されているという。(2021/10/13)

新着記事

2021/10/15
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
2021/10/14
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
2021/10/13
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
2021/10/12
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
2021/10/11
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
2021年10月の記事一覧へ