Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

Oracleは、四半期ごとの定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。対象製品は多岐にわたり、のべ419件の脆弱性を修正している。(2021/10/20)
Juniper Networksは、10月の月例セキュリティ更新であわせて44件のセキュリティアドバイザリを公開した。複数の深刻な脆弱性にも対応している。(2021/10/18)
NTTドコモにおいて10月14日17時ごろより通信障害が発生していた問題で、10月15日22時に完全復旧した。(2021/10/15)
SAPは、10月の月例セキュリティパッチを公開した。重要度がもっとも高い「HotNews」とされる新規のアドバイザリ2件が含まれる。(2021/10/14)

新着記事

2021/10/20
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
2021/10/19
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
2021/10/18
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
2021/10/15
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
2021/10/14
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
2021/10/13
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
2021年10月の記事一覧へ