Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ローコード開発ツール」のセキュリティガイドライン策定支援サービス

NRIセキュアテクノロジーズは、「ローコード」や「ノーコード」の開発ツールを利用する組織向けにセキュリティガイドラインを作成するサービスを提供開始した。

「市民開発セキュリティガイドライン策定支援サービス」は、プログラムコーディングの知識がなくても比較的容易にシステムやアプリケーションを開発できる「ローコード開発ツール」「ノーコード開発ツール」を使用する場合のガイドラインについて策定を支援するサービス。

組織のシステム特性や固有の運用方法などを考慮し、開発時に考慮すべきセキュリティ要件など踏まえつつ、ガイドライン整備をサポート。管理者と利用者に対策項目をわけ、責任分界点なども明確にしつつ役割ごとに実施すべき内容を盛り込む。

また開発ツールが複数ある場合は、関連機能を横断的に調査。特定のツールに依存しない汎用的なガイドラインを提供するとしている。

(Security NEXT - 2024/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校