Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

継続的にウェブサイトに関するインシデントの被害報告が寄せられている。年々減少傾向が見られるものの、2018年第2四半期以降ふたたび増加しており、JPCERTコーディネーションセンターには1カ月あたり100件超の被害が報告されている。(2018/07/19)
コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、「Software ISAC(Software Information Sharing and Analysis Center)」を8月に設立し、活動を開始すると発表した。(2018/07/19)
Oracleは、四半期ごとにリリースしている定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。CVEベースで334件の脆弱性を修正している。(2018/07/18)
日本とEUは、個人データ保護の制度がそれぞれ同等であると見なし、相互の個人データ移転における枠組みを構築することで合意した。今秋に運用を開始するとしており、それぞれ地域で手続きを進める。(2018/07/17)

新着記事

2018/07/20
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず
ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
2018/07/19
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー
セキュリティアップデート「PHP 7.2.8」がリリース
2018/07/18
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
2018/07/17
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
2018年07月の記事一覧へ