Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

5月中旬より、「TCP 37215番ポート」宛てのパケットが増加している。ボット「Mirai」の亜種による活動の可能性があるという。(2019/07/22)
ビジネス向けのチャットアプリを展開するSlackは、2015年に公表し、対処済みとしていた情報流出に関連し、ハッシュ化されていない現在も有効なパスワードを含むアカウント情報が外部で流通していることを明らかにした。今回の問題を受け、当時よりパスワードを変更していない利用者などに対してリセット措置を講じるという。(2019/07/19)
2019年第2四半期のインシデント件数は4213件で、前四半期を759件下回った。「スキャン」が大幅に減少した一方、「フッシングサイト」「マルウェアサイトが目立って増加している。(2019/07/19)
コード決済サービス「7pay」において、不正利用の被害が発生した問題で、同社は7月11日の時点おける被害状況を取りまとめた。(2019/07/18)

新着記事

2019/07/23
仏具店サイトが改ざん、フォームジャックでクレカ情報窃取 - 2014年末に発生か
和菓子店通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報詐取
「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
Apple、「iOS 12.4」をリリース - 脆弱性36件を修正
ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究
2019/07/22
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ
2019/07/19
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
2019/07/18
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
2019/07/17
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
2019年07月の記事一覧へ