Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

要求に応じないとオンラインサービスへDDoS攻撃を行うなどとして、金銭を支払うよう要求する脅迫メールが、今週に入り出回っていることがわかった。(2017/09/22)
2017年上半期における国内のランサムウェア検出動向は、2016年下半期から半減した。しかし、第1四半期と比較すると第2四半期は「WannaCrypt」の影響で大きく増加したという。(2017/09/21)
2017年第2四半期のオンラインバンキングにおける不正送金被害金額は、法人個人ともに前期を上回った。(2017/09/21)
2017年第2四半期に観測されたフィッシング攻撃は、前四半期から約4割減と大幅に縮小した。前年同期の約2割ほどの攻撃数だったという。(2017/09/20)

新着記事

2017/09/22
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
Apacheにメモリ漏洩の脆弱性「Optionsbleed」 - 「Heartbleed」直後に判明するも修正されず
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
2017/09/21
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減
「Joomla! 3.8」がリリース、脆弱性2件を解消
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
「Samba」に複数の脆弱性 - 早急にアップデートを
特定地区の粗大ごみ収集受付票のみが所在不明に - 大阪市
県立高で個人情報含むファイルを誤送信 - 新潟県
2017年2Qのネット銀不正送金、被害額ベースで法人個人ともに増加
Apple、「iOS 11」で脆弱性8件を修正
組織内部で隠密活動するマルウェアを検知するAI技術 - 富士通研
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
2017/09/20
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
「Apache Tomcat」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
トレンドの「InterScan Web Security」に脆弱性 - ホットフィクスがリリース
2017/09/19
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
2017/09/15
なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
2017年09月の記事一覧へ