Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

業務でスマートフォンを利用する約20人に1人が、端末のルート化を行った経験があることがわかった。また8.1%は公式サイト以外からアプリをダウンロードした経験があるという。(2016/05/26)
1月下旬より、国内から「23番ポート」に対する不審なアクセスが増加していることがわかった。国内ベンダー製の業務用機器が、マルウェアへ感染していたケースが複数確認されている。(2016/05/26)
2016年第1四半期にトレンドマイクロへ寄せられたランサムウェアの感染被害報告数が、法人で740件、個人で130件にのぼることがわかった。(2016/05/25)
露Kaspersky Labは、無償で提供しているランサムウェア対策ツール「RakhniDecryptor」をバージョンアップし、「TeslaCrypt」の復号化機能を強化した。(2016/05/25)

新着記事

2016/05/27
少なくとも100組織が「DNS水責め攻撃」の踏み台に
トレンド、ランサムウェア「TeslaCrypt」や「CryptXXX」に対応した無償復号ツール
国内のソフトウェア不正コピー率は18% - 前回より1ポイント改善
2016/05/26
約20人に1人が業務用スマートフォンをルート化
国内から23番ポートへの不正通信が増加 - 業務用機器がマルウェア感染
「VMware vCenter Server」に反射型XSSの脆弱性
サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
UBIC、7月1日付けで社名を「FRONTEO」に変更
DTRS、横浜みなとみらいにSOC設置 - 2020年までに30名体制目指す
経済センサス活動調査で名簿を紛失 - 鳥取県
顧客情報含む加入申込書が車上荒らしで盗難 - 名古屋のCATV
2016/05/25
2016年1Qのランサムウェア動向、法人の感染被害が前期比2.7倍に
「TeslaCrypt v1」から「同v4」まで対応した無償復号ツール
個人向け製品「ウイルスバスタークラウド」に2件の脆弱性
企業向け「ウイルスバスター」にLAN環境から攻撃が可能となる脆弱性
カスペ、国内で制御システム向けセキュリティ対策サービスを開始
ファイア・アイ、一太郎ファイルの解析に対応 - ジャストシステムと情報共有も
iOS版「ジェットスター」に脆弱性 - 盗聴されるおそれ
2016/05/24
マイナンバー法違反など83件、 2件は「重大事態」 - 試行的な立入検査実施も
マルウェア感染端末から学生や保護者の個人情報が流出 - 中大
複数EKがあらたなFlash脆弱性を攻撃 - 修正から2週間経たずに
文科省、AIPプロジェクトの戦略目標を決定 - AIを活用したセキュリティ技術開発など
個人番号カードのアプリ搭載に関するセキュリティ基準でパブコメ
CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供
ウェブ会議システム「Adobe Connect」に脆弱性 - 更新が公開
2016/05/23
クレジットカード会社の偽サイト相次ぐ - 攻撃対象拡大に警戒を
顧客情報記載の帳票が所在不明、約2000件記載か - 三重銀
「Apple IDを24時間以内にロック」と脅すメールに注意
顧客情報記載の書類を検針員が紛失 - 大阪ガス子会社
NEC、ログオンソフトに生体認証とPWによる二要素認証機能
小中学生の情報モラル診断、「法」に関する知識が低い傾向
誤送信による法人会員のメアド流出を公表 - イベント企画会社
2016年05月の記事一覧へ