Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)は、2019年第1四半期に47件の「標的型攻撃メール」を確認した。9割以上がプラント関係を狙う攻撃だった。(2019/04/26)
「BIND 9」にリモートより攻撃可能となる脆弱性が明らかとなり、関係機関では注意を呼びかけている。(2019/04/25)
SECCON実行委員会は、4月30日から翌5月1日にかけてセキュリティに関する技術や知識を問うコンテスト「令和CTF」を開催する。(2019/04/24)
専門知識やスキルの不足が原因で、業務委託においてセキュリティに関する情報共有やインシデント対応などの責任範囲が不明瞭となってしまうケースが目立っている。(2019/04/22)

新着記事

2019/04/26
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
2019/04/25
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
2019/04/24
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
2019/04/23
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
2019/04/22
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
2019/04/19
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
2019年04月の記事一覧へ