Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

Adobe Systemsは、複数の深刻な脆弱性へ対応するため、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを準備している。公開は米時間8月14日となる見込みだ。(2018/08/10)
2019年7月に「SQL Server 2008」、2020年1月に「Windows Server 2008」と相次いでサポートの終了を迎えることから、「延長セキュリティ更新プログラム」の提供を含め、日本マイクロソフトは移行支援策を明らかにした。(2018/08/09)
コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」で利用されるプラグインの脆弱性を狙った攻撃が急増している。少なくとも15種類のプラグインが標的となっていたという。(2018/08/08)
拡張子が「.iqy」の悪意あるファイルを添付したメールが、8月に入り国内で大量に流通していることがわかった。日本語で記載されており、写真や書類の送付を装っていた。(2018/08/08)

新着記事

2018/08/15
「Adobe Reader/Acrobat」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Adobe Flash Player」のアップデートがリリース - 脆弱性5件を解消
2018/08/10
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - パッチ公開は8月14日を予定
「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
2018/08/09
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
2018/08/08
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
Windows向け「VMware Horizon」に情報漏洩の脆弱性
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
2018/08/07
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
2018年08月の記事一覧へ