Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

2018年度に個人情報保護委員会が報告を受けた個人情報漏洩事故は4380件だった。書類やメールの誤送付、書類や電子媒体の紛失が8割を占めた。(2019/06/13)
Adobe Systemsが提供する「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。(2019/06/12)
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2018年に発生した個人情報漏洩事故について調査を実施し、速報値を取りまとめた。インシデントは443件で、漏洩した個人情報は561万3797件だった。(2019/06/11)
「Office」における既知の脆弱性「CVE-2017-11882」を狙った攻撃キャンペーンが観測された。2017年に脆弱性を修正するアップデートがリリースされているが、適用されているかあらためて確認しておきたい。(2019/06/10)

新着記事

2019/06/14
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
2019/06/13
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
2019/06/12
6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
2019/06/11
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
6月11日から「サイバーコロッセオ」がスタート - オリパラも向け模擬演習
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA
2019/06/10
既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
2019年06月の記事一覧へ