Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

警察庁は、2018年上半期におけるサイバー犯罪の検挙状況について取りまとめた。検挙件数は前年同期をわずかに下回った一方、仮想通貨の不正送金被害は件数と被害額ともに急増した。(2018/09/26)
「Windows」に悪意あるJetファイルを開くと任意のコードを実行されるおそれがある未修正の脆弱性が含まれていることがわかった。「実証コード(PoC)」も公開されている。(2018/09/25)
ソフトバンクの携帯電話において、迷惑メールフィルタの不具合により、約1030万件のメールが誤って迷惑メールと判断され、削除されたことがわかった。心当たりがある送信者へ着信を確認するよう呼びかけている。(2018/09/21)
テックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、約67億円に相当する仮想通貨が不正に出金されたことがわかった。同社は顧客の被害を補填するため、資金調達に向けた交渉を進めているという。(2018/09/20)

新着記事

2018/09/26
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
2018/09/25
Windowsの「Jet DBエンジン」にゼロデイ脆弱性 - 報告後120日経過、ZDIが公表
「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
脆弱性1件を修正した「Firefox 62.0.2」がリリース
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
2018/09/21
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
2018/09/20
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
予告どおり「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 脆弱性7件を修正
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
2018/09/19
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK
2018年09月の記事一覧へ