Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「セキュリティ業務を担う人材のスキル可視化ガイドライン」のベータ版を公開した。(2019/01/21)
「Windows」にリモートよりコードの実行が可能となる未修正の脆弱性が含まれていることがわかった。現行バージョンにおける修正予定はなく、研究者より実証コードが公開されている。(2019/01/18)
政府は、セキュリティ対策の基本的な知識を身につけることができる「インターネットの安全・安心ハンドブック」の新版を公開した。国内26の電子書店より無料で入手できる。(2019/01/18)
日本マイクロソフトは、2018年12月の時点で約2700万台の「Windows 7」の搭載端末が稼働しているとの推計値を公表した。(2019/01/17)

新着記事

2019/01/22
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
PDFソフト「Foxit Reader」「Foxit PhantomPDF」に複数脆弱性 - アップデートを
MSの「Skype」サーバや「TFS」に脆弱性 - 定例外で修正
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
2019/01/21
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
Facebook、ロシア関与疑われる不正アカウントを凍結 - 100万件以上のフォロー
Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを
同人誌の原稿データ含むUSBメモリが所在不明 - 印刷事業者
オムロン製の制御システムソフト「CX-Supervisor」に5件の脆弱性
ベースボール・マガジン社になりすます詐欺サイトに注意
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - 日専連パシフィック
2019/01/18
「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
2019/01/17
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
2019/01/16
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
2019年01月の記事一覧へ