Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

「BIND 9」に複数の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートがリリースされており、関係機関では注意を呼びかけている。(2017/01/12)
2016年第4四半期のインシデント件数は4122件で、前四半期から1321件増加した。「スキャン」や「制御システム関連」の増加が目立っている。(2017/01/11)
マイクロソフトは、2017年最初の月例セキュリティ更新をリリースした。「Adobe Flash Player」を除くと、修正された脆弱性は3件と少なく、低水準での滑り出しとなった。(2017/01/11)
Adobe Systemsは、深刻な脆弱性に対応した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。(2017/01/11)

新着記事

2017/01/16
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、フィッシング攻撃も - クラウドゲームス
メールサーバへの不正アクセス、原因わからず - 優良住宅ローン
サイトが不正アクセスで改ざんなど被害、復旧済み - 東京往来館
2017/01/15
フィッシング対策の啓発サイトが改ざん被害 - アクセス控えるよう注意喚起
2017/01/13
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
2017/01/12
MS装い「Office利用できなくなる」と不安煽るフィッシングに注意
「BIND 9」に複数の深刻な脆弱性 - キャッシュDNSサーバに影響
不正アクセスで情報流出の可能性、フィッシング攻撃も - 日販グループ会社
機密の人事情報を誤って省内全職員へ誤送信 - 文科省
顧客向けイベント案内メールを誤送信 - 良品計画子会社
厚労省、個人情報含む文書を誤送信
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
2017/01/11
2016年4Qのインシデント、前四半期比1.5倍に - 制御システム関連も高い増加率
ルータのDNSを変更する不正Androidアプリ - ダウン時備えセカンダリも指定
詐欺メール送信の踏み台に、2カ月経たず再発 - 大阪府立図書館
年明け最初のMS月例セキュリティ更新、脆弱性3件に対処 - 低水準で滑り出し
セキュリティ機能を提供するSDKに脆弱性 - iOSに影響
Adobe、アップデートで「Acrobat/Reader」の脆弱性29件を修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
2017/01/10
市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
LINE装う偽サイトに注意、8件を確認 - 時間帯指定の記載なくなる
文化芸術センターのサイトが改ざん、外部へ誘導 - 豊中市
会員向けサイトに不正アクセス、個人情報が流出 - イベント制作会社
顧客情報記載の領収証控えが所在不明 - 東京ガス
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
2017年01月の記事一覧へ