Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

「Samba」において、リモートより攻撃が可能な脆弱性「CVE-2017-7494」が5月に判明した問題で、7月に入り、IoT機器を標的とするあらたなマルウェアも登場していることから、セキュリティベンダーでは警戒を強めている。(2017/07/20)
政府は、初心者向けにセキュリティ対策の基礎知識をまとめた「情報セキュリティハンドブック」の電子書籍を無償で配布している。国内27の電子書店から入手することが可能。(2017/07/19)
セキュリティベンダーが設置する「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」にあたらしい波が押し寄せている。業務効率の改善にくわえ、人材の確保を視野に入れた「労働環境作りのひとつ」と捉えることもできるだろう。(2017/07/19)
Oracleは、同社の定例更新である「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、「Java SE」に関する32件の脆弱性を解消した。(2017/07/19)

新着記事

2017/07/21
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
富士通、米国土安全保障省の脅威情報共有「AIS」と連携
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」
危険な「Excelファイル」を添付したメール出回る - 法律事務所を偽うケースも
Bitcoinの取引停止を前倒し - 日本仮想通貨事業者協会
公衆無線LANの安全性を確認するユーザーは3人に1人
多くの企業が不正侵入対策へ注力するも3割弱が被害を経験
Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
2017/07/20
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に
長野県の河川水位情報サイトが改ざん - マルウェア感染の可能性
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
東京情報大と日立システムズ、セキュリティ分野で包括連携 - 医療分野での対策を研究
ブラウザ向け拡張機能「Yahoo!ツールバー」、10月31日にサポート終了へ
2017/07/19
信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット
カルソニックカンセイら、自動車分野のセキュリティで新会社設立
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布
インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー
「Java SE」の脆弱性31件を解消するアップデート - Oracle
Bitcoin分裂危機、一部事業者が取引を一時停止 - 分裂の影響は不透明
Oracle、同社製品群への定例更新で脆弱性308件を修正
小学校で成績一覧表など所在不明に - 大阪市
2017/07/18
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
「Apache HTTP Web Server」のアップデートがリリース - 「同2.2系」は未修正だった4件も対処
「Cisco WebEx」のブラウザ拡張機能に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
「AssetView for MacOS」の一部サーバ側モジュールに複数脆弱性
2017年07月の記事一覧へ