Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

外部からアクセスできるサーバ内のファイルが、ランサムウェアによって暗号化される被害が発生している。パスワードの甘さからログインされ、ランサムウェアに感染させられたと見られている。(2017/04/28)
2017年第1四半期に届出があった脆弱性は145件で、そのうちソフトウェア製品が88件だった。製品種類別では、「情報家電」が17件、「ルータ」が8件と、前期に引き続き届出が寄せられている。(2017/04/26)
2017年第1四半期は、不正プログラムの検出数が約6分の1に減少した一方、ウイルス検出数が3倍となった。(2017/04/26)
LINEは、2016年下半期の「LINE Transparency Report」を公開し、捜査機関から受領した情報開示請求などの状況について公表した。(2017/04/25)

新着記事

2017/04/28
PW管理甘いサーバ狙うランサム、直接ログインして暗号化 - IPAに被害相談
ランサム「Locky」が活動再開か - Wordファイル入りPDFで拡散
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
2017/04/27
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション
2017/04/26
2017年1Qの脆弱性届け出はソフトウェアが88件 - 情報家電やルータなど目立つ
15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
NEC、オーストリアのコンサル会社とサイバー攻撃対策で協業
2017/04/25
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
ウェブブラウザ「Vivaldi」のWindows版インストーラに脆弱性
ISOG-JとOWASP Japan、ウェブアプリ脆弱性診断でガイドライン
2017/04/24
MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う
シスコ、セキュリティ人材育成に向けた「スカラシッププログラム」
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も
2017/04/21
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
バッファローのネットワークカメラ「WNC01WH」に脆弱性
2017年04月の記事一覧へ