Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」の一部バージョンが、2017年3月31日にサポートの終了を迎える。同製品の利用者はもちろん、派生OSとして人気がある「CentOS 5」なども同日にサポートを終了するため、注意が必要だ。(2016/12/07)
パーソナルデータの利活用について、「活用への期待」より「リスクに対する不安」の方が「大きい」「やや大きい」と回答した人が52%と、過半数を超えたことがわかった。(2016/12/05)
Android端末へ不正アプリ「Gooligan」を感染させる大規模な攻撃キャンペーンが展開されていることがわかった。感染を通じて端末利用者のGoogleアカウントが奪取されているという。(2016/12/01)
2016年第3四半期のオンラインバンキングにおける不正送金被害は、個人では件数ベース、金額ベースいずれも減少した。一方法人では、金額が倍増している。(2016/11/30)

新着記事

2016/12/07
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 作業服通販サイト
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
「BSD libcライブラリ」にバッファオーバーフローの脆弱性
ソフトバンク、IPSサービスにマルウェアブロック機能 - アクセス要求をリスト照合
2017年3月に「RHEL4/5」や「CentOS 5」がサポートを終了
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
2016/12/06
Apacheの「HTTP/2プロトコル」用モジュールに脆弱性
SECCON実委、次年度「CTF4b」の開催に向け協力団体を募集
4社に3社が全社一貫のインシデント対応計画を持たず
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
三菱東京UFJ銀のAndroid向けネットバンキングアプリにPOODLEの脆弱性
中学校で誤って作製した成績資料を紛失 - 宇治市
TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK
2016/12/05
パーソナルデータの利活用、「期待より不安」が過半数
イラスト投稿サイト「pixiv」で不正ログイン - アカウント3646件で情報閲覧された可能性
市販スマホ監視アプリの開発会社関係者が逮捕
「CTF for ビギナーズ 2016 FINAL」、SECCON決勝大会と同日開催
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
委託先が求人情報メールを誤送信 - 埼玉県
TCSI、秘密分散技術によるデータ分割ソリューション
2016/12/02
経産省、個人情報漏洩でイプサに報告を要請 - 期限は2週間後
クレカ情報5.6万件含む個人情報42万件が流出した可能性 - イプサ
フィッシング報告数が倍増するも低水準 - LINEやゲーム関連も影響
国交省、ドラレコ映像の管理徹底を通知 - ASKA容疑者の映像流出で
マイナンバーカード交付の遅延が解消 - 今後は1カ月以内目安に発送
三菱重工とNTT、サイバー攻撃から制御システムを保護する新技術
薬剤科見学会参加者への連絡メールを誤送信 - 都立病院
バッファロー製のネットワークカメラに6件の脆弱性 - アップデートがリリース
シマンテック、機械学習を活用した「SEP 14」 - パッカー対抗も
2016/12/01
Android端末よりGoogleアカウント奪う「Gooligan」 - 100万件以上のアカウントで被害か
日本年金機構が提供する複数プログラムのインストーラに脆弱性
2016年12月の記事一覧へ