Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

インターネット上で窃取されたクレジットカード情報が、旅行関連の不正決済に利用されるケースが多いとして日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意喚起を行った。(2018/10/19)
2018年第3四半期のインシデント件数は3411件で、前四半期から約5.4%減となった。ウェブサイトの改ざんが前四半期の3分の2近くに減少したという。(2018/10/17)
Oracleは、四半期ごとの定例アップデートである「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。CVEベースで301件の脆弱性を修正している。(2018/10/17)
個人情報保護委員会は、2018年4月から9月の間に報告があった特定個人情報の漏洩件数は157件で、そのうち重大な事態に相当するものは2件だったことを明らかにした。(2018/10/16)

新着記事

2018/10/19
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
2018/10/18
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
2018/10/17
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
2018/10/16
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年10月の記事一覧へ