Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、イランによるサイバー攻撃の増加を観測しているとの声明を発表した。(2019/06/25)
「Linux」や「FreeBSD」においてTCP通信の処理に問題があり、動作が遅くなったり、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性が明らかになった。脆弱性を修正するアップデートが提供されている。(2019/06/25)
3月下旬ごろより、「Windows」のリモートデスクトップサービスを狙ったアクセスの増加を観測しているとして、警察庁が注意を呼びかけた。(2019/06/24)
「RaaS(Ransomware as a Service)」を展開するランサムウェア「GandCrab」の提供者が、サービスの停止をアナウンスした。復号キーも削除するという。(2019/06/20)

新着記事

2019/06/27
macOSにゼロデイ攻撃しかけるマルウェア見つかる
2019/06/26
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
テレワークの実績を持つ企業や団体を募集 - 総務省
2019/06/25
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
「Linux」や「FreeBSD」に脆弱性 - リモートよりDoS攻撃受けるおそれ
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大
中学校保健室で生徒連絡票が所在不明 - さいたま市
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
2019/06/24
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
府立高校で生徒情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - ERP導入コンサル会社
メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
カスペ、パートナーがソースコードをレビューできる施設 - 欧州で2カ所目
2019/06/21
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
2019/06/20
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
2019年06月の記事一覧へ