Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘッドライン

2016年に警察庁が把握した標的型メール攻撃は、4046件だった。添付ファイルの9割弱が圧縮ファイルで、中身は実行ファイルの割合が縮小する一方、「.js」を用いた攻撃の割合が増えているという。(2017/03/29)
GMOペイメントゲートウェイが運営する複数サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることが判明した問題で、経済産業省は同社に対し、個人情報保護法に基づき報告するよう要請した。(2017/03/24)
メガネチェーン店「JINS」が運営する通信販売サイト「JINSオンラインショップ」が不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。同サイトを運営するジェイアイエヌでは、詳細について調査を進めている。(2017/03/24)
総務省は、国際的なサイバー犯罪捜査によって得られたマルウェア感染端末の情報をもとに、ISP経由で不正送金マルウェアの感染者に対する注意喚起を実施する。(2017/03/24)

新着記事

2017/03/30
【特別企画】今日のAndroidは安全か、バージョンアップの歴史から専門家が紐解く
2017/03/29
標的型攻撃メール、添付は圧縮ファイルが9割 - 「.js」増加、実行ファイルも引き続き注意を
マウスポインタが勝手に移動? - ブラウザの「動画」でだます「偽警告」の新手口
「ESXi」など複数VMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
2支店で顧客情報含む書類を紛失 - JA東京あおば
2017/03/28
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
Apple、macOS向けに脆弱性に対処したアップデート - 重複除く125件を解消
宿泊予約者の個人情報をメールで誤送信 - 西鉄ホテルズ
FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
Apple、「iOS 10.3」をリリース - 84件の脆弱性を修正
2017/03/27
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
入試結果など個人情報含む書類を紛失 - 大手前大
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
2017/03/24
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
「Drupal」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を解消
自動車セキュリティの取組ガイドに改訂版 - 製造工程での脅威対策を追加
イベント来場者への礼状メールを誤送信 - シャープ
岡山大病院の医療用端末2台がマルウェア感染、外部との不正通信 - ログ解析で発覚
「パスワード変更完了」偽通知メールに注意 - 「ウェブマネー」装うフィッシングが発生
2月のESETによるマルウェア検出、6割以上がJavaScript型
D-Link製複数ルータに管理機能を悪用されるおそれ
総務省ら、ISP経由でマルウェア感染者に注意喚起 - 欧州大規模掃討作戦で得られた情報を活用
2017年03月の記事一覧へ