Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

記者会見参加応募者の個人情報をメールで誤送信 - 太秦映画村

東映京都スタジオが運営する東映太秦映画村において、記者会見参加応募者に関する個人情報が流出したことがわかった。

東映によれば、ドラマの記者会見における一般参加に応募した当選者へ案内メールを送信した際、応募者の個人情報含むファイルを誤って誤送信するミスが発生したもの。

4月15日17時ごろ、当選者71人に当選を案内するメールを送信。そのうち2人に対し、記者会見の応募者1223人に関する氏名やメールアドレスが記載されたリストを誤って添付した。

同日、誤送信が判明。誤送信先の当選者へメールの削除を依頼し、翌16日までに破棄したとの連絡を受けたという。また個人情報が流出した応募者に対し、メールで経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も