Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家関与のサイバー攻撃「ArcaneDoor」 - 初期侵入経路は不明、複数ゼロデイ脆弱性を悪用

Cisco Systemsは現地時間4月24日、ネットワークデバイスを標的とした国家が関与するサイバー攻撃キャンペーン「ArcaneDoor」について明らかにした。世界規模で政府機関のネットワークが侵害を受けていたという。

「ArcaneDoor」は、ネットワーク機器などへ侵入し、展開する諜報活動のキャンペーン。ネットワーク機器に侵入し、構成の変更やネットワーク内の偵察、通信データの窃取のほか、ラテラルムーブメントなども行っていた。

2024年初頭に同社顧客より「Cisco Adaptive Security Appliances(ASA)」に関するセキュリティ上の懸念について連絡があり、数カ月にわたり調査を進め、明らかになったという。

同キャンペーンは、同社が「UAT4356」、マイクロソフトが「STORM-1849」として追跡するグループが関与していると見られ、世界規模で政府機関のネットワークが侵害を受けていたという。

初期侵入経路は現段階でわかっていないが、活動中に「Cisco ASA」のゼロデイ脆弱性「CVE-2024-20353」「CVE-2024-20359」を悪用していた。攻撃者は同社以外のベンダーやマイクロソフトのネットワークデバイスにも関心を寄せており、すでに攻撃を展開している可能性があると同社は指摘している。

(Security NEXT - 2024/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学