Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NETGEARの一部ルータに認証バイパスの脆弱性 - 早急に更新を

NETGEARが提供する一部ルータ製品に認証をバイパスされるおそれがある脆弱性が明らかとなった。同社はファームウェアのアップデートを強く推奨している。

同社が「Nighthawkシリーズ」として展開しているルータの一部モデル「RAX40」「同38」「同35」にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-27368」が明らかとなったもの。

ローカルネットワーク経由でこれら製品にアクセスできる場合、認証をバイパスされるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.4」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同脆弱性は、ゼロゼロワンの早川宙也氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、調整を経て公開された。

同社では、脆弱性を修正したファームウェア「バージョン1.0.6.106」を提供しており、できるだけ早く最新のファームウェアへアップデートするよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2024/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消