Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ruby」に3件の脆弱性、アップデートで修正を実施

「Ruby」の開発チームは現地時間4月23日、セキュリティアップデートをリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、バッファオーバーリードの脆弱性「CVE-2024-27280」や、正規表現検索においてメモリアドレスが読み取られるおそれがある「CVE-2024-27282」に対応した。

また文書生成ツール「RDoc」における「YAMLファイル」の解析時にオブジェクトを挿入され、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2024-27281」が判明している。

開発チームでは、これら脆弱性を修正した「Ruby 3.3.1」「同3.2.4」「同3.1.5」「同3.0.7」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消