Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減

情報処理推進機構(IPA)は、2024年第1四半期に届け出があった脆弱性について取りまとめた。ソフトウェア製品とウェブサイトあわせて243件の届け出が寄せられている。

同機構では、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」のもと、脆弱性に関する届け出を受け付けており、2024年第1四半期の状況を取りまとめたもの。

同四半期は243件の届け出があった。前四半期の311件から21.9%減。1就業日あたりの届け出件数は3.94件だった。

ソフトウェア製品に関する脆弱性は85件で、前四半期から横ばい。一方ウェブサイト関連の脆弱性は158件で前四半期の226件を大きく下回った。

受け付けを開始した2004年以降の累計件数は全体で1万8904件。内訳を見ると、ウェブサイト関連が1万3152件で全体の約7割を占める。ソフトウェア製品は5752件だった。

同四半期に脆弱性の届け出があったソフトウェア製品の種類を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が37件でもっとも多く、次いで「スマートフォンアプリ(9件)」となっている。

20240423_ip_001.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2024/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正