Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る

「東京ガス」を装うフィッシング攻撃が確認されている。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

請求料金の通知メールに見せかけ、フィッシングメールを送信しているもの。支払期限などとしてメールを送りつけた当日の日時を記載しており、期限内に料金の支払いを完了しなければ、供給を停止するなどとして不安を煽っていた。

偽メールより誘導したフィッシングサイトでは、1カ月あたりガス料金が1310円などとでたらめな金額を記載。3日間の延滞料金を支払っていないなどとして、料金支払いサイトに見せかけ、クレジットカード情報を入力するよう求めていた。

メールには、英語で滞納を意味する「delinquent(デリンクエント)」を誤表記したと見られる「支払いの詳細リンクエント」といった表現が見られる。またサイトにも「72時間以上経過するとガスのリスクがあります」などと不自然な言い回しが見られた。

フィッシングサイトへ誘導するためのURLは複数確認されており、著名な短縮URLサービスなども悪用している。

4月24日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消