Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

露APT28のマルウェア「GooseEgg」が見つかる - 2019年4月よりゼロデイ攻撃を展開か

別名「APT28」「Fancy Bear」などとしても追跡されている攻撃グループ「Forest Blizzard」が、早ければ2019年4月よりマルウェア「GooseEgg」を用いて脆弱性「CVE-2022-38028」を悪用していたことがわかった。

同グループは、おもにロシア政府の外交政策を支援するための諜報活動を展開。ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の第26165部隊と関連すると見られており、別名「APT28」「Fancy Bear」「Sofacy」「Sednit」「STRONTIUM」「GRU Unit 26165」としても追跡されている。

マイクロソフトは、同グループがマルウェア「GooseEgg」を、早ければ2019年4月以降、遅くとも2020年6月より展開しており、脆弱性「CVE-2022-38028」を長期間にわたり悪用しているとの調査結果を明らかにした。

「CVE-2022-38028」は、「Windows印刷スプーラー」に明らかとなった権限昇格の脆弱性。「GooseEgg」では「SYSTEMレベル」権限を取得し、コマンドラインから他アプリケーションを起動する。

バックドアのインストールやラテラルムーブメントを支援し、ネットワークにおける資格情報の窃取などに悪用されていることがあらたに判明した。同グループは「CVE-2023-23397」なども悪用しているという。

ウクライナをはじめとするヨーロッパ、北米、中東の政府はもちろん、エネルギー、情報、物流、教育、メディア、非政府組織などが攻撃のターゲットとなっていた。

(Security NEXT - 2024/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性