Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」の脆弱性侵害、段階ごとの対策を説明 - Palo Alto

Palo Alto Networks製ファイアウォールが搭載する「PAN-OS」に脆弱性「CVE-2024-3400」が見つかった問題で、同社は脆弱性の悪用が確認された場合の対応方法について取りまとめた。

脆弱性に対する攻撃について、侵害状況を「レベル0」から「レベル3」までの4段階にわけ、それぞれの段階で求められる対策を具体的に示したもの。

情報収集や調査のため悪用が試行されたものの、攻撃が成功していない場合は「レベル0」とし、最新のホットフィックスを適応することで脆弱性から十分保護ができると説明。

あわせて設定を保護するため、暗号化したマスターキーを作成するよう求めた。同段階ではプライベートデータのリセットや工場出荷時の設定に戻すことは推奨しないとしている。

またデバイスで脆弱性を試行され、0バイトのファイルがファイアウォール上に作成、保存された場合は「レベル1」となるが、不正なコマンドが実行されたり、ファイルを持ち出された兆候がない場合は、「レベル0」と同様の対策を求めた。

(Security NEXT - 2024/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを