Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、3月の月例更新で「Exchange Server」に生じた不具合に対応

マイクロソフトは、「Exchange Server」において3月のセキュリティアップデートで複数の不具合が確認されているとし、修正するホットフィクスアップデートをリリースした。

同社によると、3月のアップデートをインストール後、「ダウンロードドメインが機能しない」「OWAでエラーが発生してドキュメントを開けない」「Outlookのキャッシュモードにおける検索エラーが発生する」「Outlookに未読メッセージアイコンが表示されない」といった不具合が確認されている。

さらに「Exchange管理センターの編集アクセス許可オプションを編集できない」「テンプレートアドインが機能しない」「エラーが発生して公開カレンダーが機能しない」といった問題なども報告されていた。

今回のホットフィクスでは、これら問題へ対処。また楕円曲線暗号証明書のサポートや、「Outlook on the web(OWA)」「Exchange管理センター(ECP)」におけるハイブリッドモダン認証(HMA)などの新機能も提供する。

セキュリティアップデートのインストール後に問題が生じておらず、あらたに実装された一部機能の導入を急がないのであれば、今回のホットフィクスアップデートを適用する必要はないとしている。

また3月のセキュリティアップデートと同様のセキュリティ更新プログラムを含んでおり、3月のアップデートを適用していない場合もスキップして今回のホットフィクスを適用することができるとしている。

(Security NEXT - 2024/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを