Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から

NTTドコモは、危険なURLをショートメッセージサービス(SMS)で発信している同社契約回線に対し、注意喚起のメッセージを送信する機能を2024年7月上旬より運用開始する。

あらたに導入する機能「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」は、ショートメッセージサービス(SMS)を悪用したフィッシング攻撃である「スミッシング攻撃」の防止を目的に導入するもの。

不正なコンテンツをインストールするよう誘導したり、個人情報を詐取するフィッシングサイトなどへ誘導することを目的としたSMS送信を検知した際、回線契約者が意図せず攻撃者の送信行為に加担している場合もあるため、注意喚起の通知を行う。

迷惑SMSが送信された場合も携帯電話にメッセージの送信履歴が残らない場合もあり、端末所有者がSMS送信に悪用されていることへ気づいていないケースもあるという。

今回の取組ではメッセージによって意図しない送信行為が行われた可能性があることを通知。SMSの通信料や身に覚えのないアプリがインストールされていないか確認し、削除するよう案内する。

(Security NEXT - 2024/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映