Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カンファレンスイベント「CODE BLUE 2024」、講演者募集を開始

CODE BLUE実行委員会は、セキュリティカンファレンスイベント「CODE BLUE 2024」の開催に向けて講演者の募集を開始した。

「CODE BLUE」は、国内外よりセキュリティの専門家や実務者が集う国内発のカンファレンスイベント。2013年にスタートした。次回は都内で11月9日から15日にかけて開催を予定している。

すでに参加登録を受付けているが、開催に向けて講演者を募集する「CFP(Call For Papers/Presentations)」を開始した。技術や犯罪対策、法律、政策などサイバーセキュリティに関連する幅広い分野が対象となり、オープンソースやプロジェクト、コミュニティを発表する場も提供する。

また若年層を対象とした「U25」についても、例年同様応募を受け付けており、優秀発表者には研究開発奨励金を提供する予定。

基本の講演時間は45分。応募は日本語および英語で受け付ける。締切は8月15日となるが、早期終了となる場合があるので注意が必要。詳細は「CODE BLUE」のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2024/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
【特別企画】都が中小企業のセキュリティ対応力強化を支援 - 検知や復旧体制の構築をサポート
ニコニコ動画にサイバー攻撃 - サービスを一時停止
WP向けeラーニングシステム構築プラグイン「LifterLMS」に脆弱性