Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告

Palo Alto Networks製ファイアウォールが搭載する「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性「CVE-2024-3400」が見つかった問題で、日本時間4月14日以降、国内でも脆弱性を悪用する攻撃が観測されていたことがわかった。被害報告も寄せられている。

同問題に関してラックは、同社が運営するセキュリティオペレーションセンターで、脆弱性を悪用する攻撃を4月14日より検知していることを明らかにした。

同社では4月17日の時点でIPアドレス6件を「CVE-2024-3400」を悪用する攻撃パケットの送信元として観測しているという。

このうち3件は、Palo Alto Networksが公開した「IoC(Indicators of Compromise)」情報と重複するが、のこる3件は含まれていなかった。ラックでは今後攻撃元や頻度が増加する可能性も高いと警鐘を鳴らしている。

JPCERTコーディネーションセンターは4月19日に注意喚起情報を更新。国内組織において「CVE-2024-3400」を悪用しようとする通信がアップデート公開以前の日本時間4月14日から複数観測されているとし、攻撃の被害に関する報告なども同センターに寄せられていることを明らかにした。

(Security NEXT - 2024/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正