Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年1月のセキュリティニュース一覧

2019/01/17
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
2019/01/17
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
2019/01/17
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
2019/01/17
「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2019/01/17
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
2019/01/17
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
2019/01/17
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
2019/01/16
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
2019/01/16
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
2019/01/16
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
2019/01/16
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
2019/01/16
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2019/01/16
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
2019/01/16
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
2019/01/15
オンラインストアの挨拶状で誤送信 - フレイムグラフィックス
2019/01/15
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
2019/01/15
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
2019/01/15
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
2019/01/15
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
2019/01/15
年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
PR