Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に改訂案 - 意見を募集中

情報処理推進機構(IPA)は、「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の改訂にあたり、パブリックコメントを開始した。

同ガイドラインは、中小企業において機密情報の漏洩や滅失などを防ぐことを目的に、経営者や情報管理の担当者を想定読者としてセキュリティ対策の考え方や実践方法を取りまとめたもの。2009年に初版を策定。2016年に「同第2版」を公開した。

今回は、2017年1月に策定された「同第2.1版」に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver2.0」の改訂内容を反映。さらにクラウドサービスなど外部サービスを選択したり、運用する際の注意点などを追記したという。

同改定案への意見はメールで受け付ける。締め切りは2月8日16時。詳細は同機構のウェブサイトから。

20190129_ip_001.jpg
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」改定案の目次

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加