Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団

神戸市は、産業振興財団においてメールの送信ミスがあり、関係者のメールアドレスが流出したことを公表した。

神戸市によれば、同財団において「100年経営支援事業」の後継者候補の新規登録者に対し、メールアドレスを再確認するために1月25日に送信したメールにおいて、誤送信が発生したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、メールアドレス8件が受信者間で閲覧可能な状態となった。

同財団では同日、対象となる関係者に対し電話とメールで説明および謝罪を行っており、メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2019/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
私用メアドを登録ミス、業務メールを約4カ月間誤送信 - 厚労省
案内メールの誤送信で新入生間にメアドが流出 - 神戸国際大
メール誤送信で講座参加者のメアド流出 - 京都市スポーツ協会
誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市