Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得

ココンは、クロスワープよりセキュリティ事業を取得した。

クロスワープでは、情報漏洩の監視サービス「WebMonitor」などセキュリティ関連事業を展開してきたが、1月31日付でココンへ譲渡。譲り受けたココンでは、情報セキュリティ部として2月1日より事業を継続していく。

ココンでは、これまでもイエラエセキュリティやレピダムなどを買収、セキュリティ関連事業を強化してきたが、同事業の取得で事業領域の拡大や、付加価値の向上を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2019/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IvantiのMDM製品にさらなるゼロデイ脆弱性 - 組み合わせて悪用
IvantiのMDM製品に脆弱性、ゼロデイ攻撃も発生 - 早急に対応を
「SOAR」を展開する印Anlyzを買収 - トレンド
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス