Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けプラグイン「Total Donations」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。ゼロデイ攻撃が確認されている。

同脆弱性は、Calmar Webmediaが提供する寄付管理プラグイン。「同2.0.5」および以前のバージョンに、サイトの管理者権限を奪われるおそれがある脆弱性「CVE-2019-6703」が明らかとなったもの。Defiantが報告したもので、脆弱性の影響は多岐にわたっている。

同社によると、同プラグインのAJAXによる88の動作において、49に脆弱性が存在。新規にユーザーを作成し、管理者権限を設定したり、第三者が本来アクセスできないデータへアクセス可能となるなど重大な脆弱性が含まれるという。

さらに寄付の動作を変更したり、SQLインジェクション攻撃、スパムメールを配信するための踏み台になるおそれがあるほか、メーリングリストが漏洩する可能性なども指摘されている。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も