Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 72」が公開、セキュリティに関する修正は58件

Chromeの開発チームは、デスクトップ向けブラウザの新版「Chrome 72」をリリースした。深刻な脆弱性へ対処している。

「Windows」や「macOS」「Linux」向けに「同72.0.3626.81」の提供を開始したもので、あわせて58件のセキュリティに関する修正を行ったという。

開発チームが明らかにした主要な修正内容を見ると、4段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件。通信プロトコル「QUIC(Quick UDP Internet Connections)」の実装に関する脆弱性「CVE-2019-5754」へ対処した。

次いで重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は17件。「V8 JavaScriptエンジン」の実装や解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」、バッファオーバーフロー、型の取り違えなどの脆弱性を解消している。

さらに「中(Medium)」とレーティングした12件の脆弱性や、「低(Low)」4件について修正した。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート