Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は、個人情報を掲載した学内向けのウェブサイトが、誤って学外に公開されていたことを明らかにした。

同大によれば、情報科学研究科において、本来学内からの閲覧に限定されるべきウェブサイトが、2018年8月7日から10月22日にかけて、学外から閲覧できる状態となっていたことが判明したもの。

問題のウェブサイトには、企業405社の採用担当者の氏名とメールアドレス1086件を記載。さらに修了生246人の氏名と学生番号、利用停止済みのメールアドレス、および在学生と修了生1771人の氏名と学生番号などを掲載していた。

同サイトを運用しているサーバの更新時に、アクセス制御の設定を誤ったのが原因だという。

同大では問題発覚後、設定を修正し、学外からのアクセスを禁止するとともに、検索サイト上のキャッシュを削除する措置を実施。対象となる企業と学生に対し、書面で謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都
CC送信で競技団体登録団体のメアド流出 - 東京都障害者スポーツ協会
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正
退職予定者の氏名が流出、Googleフォーム設定ミスで - 鳥取県