Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は、個人情報を掲載した学内向けのウェブサイトが、誤って学外に公開されていたことを明らかにした。

同大によれば、情報科学研究科において、本来学内からの閲覧に限定されるべきウェブサイトが、2018年8月7日から10月22日にかけて、学外から閲覧できる状態となっていたことが判明したもの。

問題のウェブサイトには、企業405社の採用担当者の氏名とメールアドレス1086件を記載。さらに修了生246人の氏名と学生番号、利用停止済みのメールアドレス、および在学生と修了生1771人の氏名と学生番号などを掲載していた。

同サイトを運用しているサーバの更新時に、アクセス制御の設定を誤ったのが原因だという。

同大では問題発覚後、設定を修正し、学外からのアクセスを禁止するとともに、検索サイト上のキャッシュを削除する措置を実施。対象となる企業と学生に対し、書面で謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
中学校で生徒用端末から教員用資料が閲覧可能な状態に - 文京区
キャッシュプラグインで設定ミス、無関係の個人情報を誤表示 - 東京テアトル
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
案内メールの誤送信で新入生間にメアドが流出 - 神戸国際大
メール誤送信で講座参加者のメアド流出 - 京都市スポーツ協会
誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市
予約フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能 - 滋賀レイクス
代理店向けシステムのアクセス権限に設定ミス - Chubb損保