Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社外協力者の個人情報が流出した可能性、関連情報がネット上に - ユニクロ

ユニクロは、国内外の社外協力者に関する個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。情報を管理していたウェブサイトの関連情報が15カ月以上にわたりインターネット上で公開された状態だったという。

同社によれば、商品開発や販売促進などで同社に協力する関係者の個人情報を管理するウェブサイトのURLやユーザーID、パスワードが、2017年9月1日から2019年1月16日早朝にかけてインターネット上で公開されていたもの。

問題のウェブサイトでは、国内448人、海外356人の社外協力者の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、職業、業種、子どもの有無などの個人情報を管理しており、これらの情報が流出した可能性がある。

1月15日夜に同社従業員が発見。同サイトを管理する委託が翌16日早朝に情報を削除した。また同日昼までにパスワードを変更し、アクセスを制限したという。

同社では、対象となる社外協力者に対し、説明と謝罪を進めている。またオンラインストアや店舗、アプリなど、同社が保有する顧客情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア