Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ最新版「Firefox 65」がリリース - 深刻な脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、最新版ブラウザ「Firefox 65」をリリースした。新機能の追加のほか、複数の深刻な脆弱性へ対応したという。

今回のアップデートでは、クロスサイトトラッキングの削除といった新機能を盛り込んだほか、CVEベースであわせて7件の脆弱性を修正した。4段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性3件が含まれる。

「HTML5」の処理において、解放後のメモリを使用する「CVE-2018-18500」や、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2018-18501」「CVE-2018-18502」などを修正した。

重要度が1段階低い「高(High)」とされるメモリ破壊の脆弱性「CVE-2018-18503」「CVE-2018-18504」やプロセス間通信(IPC)通信で権限の昇格が生じる「CVE-2018-18505」に対処。さらに重要度が1段階低い「中(Moderate)」の脆弱性1件を解消している。

また延長サポート版「Firefox ESR 60.5」では、「CVE-2018-18500」「CVE-2018-18501」「CVE-2018-18505」の3件について修正した。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性