Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信

音楽を主体としたアーケードゲーム機の全国大会「第五回天下一音ゲ祭」の事務局においてメールの送信ミスが発生し、出場者の氏名やメールアドレスが流出したことがわかった。

同大会を主催する日本アミューズメント産業協会によれば、1月22日16時20分ごろ、同大会の事務局を運営する事業者が全国決戦の全出場者へ送信したメールにおいて、送信ミスがあったという。

送信先55件を宛先に入力したため、受信者間で氏名とメールアドレスが閲覧できる状態となった。メールを受信した出場者が、同日16時過ぎに同協会の公式Twitterアカウントへ指摘したことから問題が判明した。

事務局では対象となる出場者に対して電話により謝罪したほか、イベント開催当日にも事情を説明し、謝罪。受信したメールを削除するよう協力を求め、賛同を得たという。

また個人情報保護委員会より報告を求められ、報告書を提出した。二次被害などの報告も受けていないとしている。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
私用メアドを登録ミス、業務メールを約4カ月間誤送信 - 厚労省
案内メールの誤送信で新入生間にメアドが流出 - 神戸国際大
メール誤送信で講座参加者のメアド流出 - 京都市スポーツ協会
誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市
メール誤送信で事業者のメアド流出 - 横須賀市
児童クラブ入会者リストを別事業者へ誤送信 - 宮崎市
受験志望者の保護者宛メールで誤送信 - 名古屋大付属中高