Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知

トレンドマイクロは、クラウドアプリケーション向けサービス「Trend Micro Cloud App Security」において、「ビジネスメール詐欺(BEC)」対策機能を2月15日より提供開始する。

メール文面の特徴を分析する技術「Writing Style DNA」を活用。「BEC」でなりすましが行われるおそれがある経営幹部や経理部長などのメールにおいて、大文字の利用頻度、文章の長さ、空白の使用頻度など約7000の特徴をもとに機械学習させるという。

学習結果をもとに受信メールを解析。なりすましと判断した場合は、受信者や管理者へ警告付きのメッセージを送付する。リリース当初は英語のみの対応となり、日本語による対応は、2019年下半期となる見込み。

「Trend Micro Cloud App Security」のほか、「InterScan for Microsoft Exchange」では、2019年2月18日から利用可能となる。1000から1999ライセンスを導入した場合、1ユーザーあたりライセンス料金は4482円/年。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」