Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

先週注目された記事(2024年6月2日〜2024年6月8日)

2024年6月2日から2024年6月8日までの1週間にSecurity NEXTにおいて注目度が高かった上位10記事は以下のとおり。

1位:「Azure」のファイアウォールにルール回避のおそれ - MSは仕様と説明

2位:Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働

3位:RIZAPグループの夢展望子会社、公式サイトのドメインを奪われる

4位:ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社

5位:「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース

6位:九州電力グループ会社でランサム被害 - 個人情報流出の可能性

7位:「Chrome」にアップデート、セキュリティ関連11件の修正

8位:DMM Bitcoinから約482億円分の暗号資産が流出 - 全額保証の方針

9位:「Snowflake」の利用者狙う攻撃が増加 - 不正ログイン被害の確認を

10位:個人情報を中学校体育館ステージに置き忘れ、複数生徒が閲覧 - 札幌市

(Security NEXT - 2024/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Jupyter Server Proxy」にXSS脆弱性 - アップデートにて修正
Phoenix製「UEFI」に脆弱性 - TPM保護を回避されるおそれ
先週注目された記事(2024年6月16日〜2024年6月22日)
個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正