Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州電力グループ会社でランサム被害 - 個人情報流出の可能性

九州電力グループで、変電器など電力機器の製造や給湯器の販売などを手がけるキューヘンは、サイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、第三者が同社ネットワークを侵害し、一部データがランサムウェアによって暗号化されたことを6月3日に確認したという。

第三者によってアクセスされた社内情報に給湯器販売の関連データがあり、約10万4000件の個人情報が流出した可能性がある。

またこれら個人情報には、九州電力より給湯器販売の委託を受けている約4000件の個人情報も含まれる。

同社は、影響を受けた可能性がある端末を停止。ネットワークから遮断するなど被害拡大の防止を図るとともに、被害状況など詳細を調べている。

(Security NEXT - 2024/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消