Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」にアップデート、セキュリティ関連11件の修正

Googleは現地時間5月30日、ブラウザ「Chrome」のセキュリティアップデートをリリースした。複数の脆弱性を修正している。

WindowsおよびmacOS向けに「Chrome 125.0.6422.142」「同125.0.6422.141」、Linux向けに「同125.0.6422.141」をリリースしたもの。セキュリティに関する11件の修正を含み、CVEベースで7件の脆弱性に対処している。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれておらず、いずれも2番目に高い「高(High)」とした。アドバイザリにおいて悪用に関する言及はなかった。

具体的には、「WebRTC」に関するヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2024-5493」を解消したほか、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性4件、域外メモリへのアクセス2件などを修正している。

同社では今後数日から数週間をかけてこれらバージョンを展開していく予定。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-5493
CVE-2024-5494
CVE-2024-5495
CVE-2024-5496
CVE-2024-5497
CVE-2024-5498
CVE-2024-5499

(Security NEXT - 2024/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)