Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社

金融機関や公共機関向けに情報処理サービスを提供しているイセトーは、サイバー攻撃を受け、ランサムウェアによる被害が発生したことを明らかにした。

同社によれば、5月26日に一部サーバやパソコン内のデータをランサムウェアによって暗号化される被害を確認したもの。

外部における情報の流通などは確認されていないが、一部取引先に関しては、個人情報が流出した可能性があることが判明し、報告を行ったという。

同社では内部ネットワークや感染が疑われるサーバ、端末を停止。外部協力のもと、引き続き調査や復旧に向けた対応を進めている。

(Security NEXT - 2024/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース