Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米当局、脆弱性の悪用について警戒呼びかけ - 1週間で13件

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、現地時間9月13日から9月19日までの1週間に13件の脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加した。米国内の行政機関へ対策を促すとともに、製品の利用者へ広く注意を呼びかけている。

同月13日には3件の脆弱性を追加した。「Chromium」 に明らかとなった「WebP」のゼロデイ脆弱性「CVE-2023-4863」をはじめ、「Cisco Adaptive Security Appliance」「Firepower Threat Defense」に判明した「CVE-2023-20269」、「Android」のフレームワークにおける権限昇格の脆弱性「CVE-2023-35674」を追加。

翌14日には、アドバイザリにおいてゼロデイ攻撃の発生が報告されている「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」の脆弱性「CVE-2023-26369」を同リストに登録した。

さらに現地時間9月18日には8件の脆弱性を追加。いずれも2022年以前に明らかとなった既知の脆弱性となっている。Owl Labs製のビデオ会議カメラ「Meeting Owl」については、4件の脆弱性「CVE-2022-31459」「CVE-2022-31461」「CVE-2022-31462」「CVE-2022-31463」が追加された。

「Meeting Owl」については、現地時間2022年6月8日に「CVE-2022-31460」が同リストへ登録されているが、今回追加された4件の脆弱性についても当時レポートが公表されていた

Owl Labsでは現地時間2022年6月6日に公開した「バージョン5.4.1.4」にて「CVE-2022-31460」を修正。今回リストへ追加された4件についても、同月23日に公開した「バージョン5.4.2.3」にて修正した。「Meeting Owl」については、国内でソースネクストが取り扱っており、同社もアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性