Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加

Owl Labs製の会議室用ウェブカメラ「Meeting Owl Pro」に複数の脆弱性が明らかとなった。同社は一部脆弱性に対処したセキュリティアップデートをリリースしている。未修正の脆弱性も残存しており、近く修正する予定だという。

同製品は、カメラとマイクを搭載した会議室用のウェブカメラ。国内ではソースネクストが独占販売権を獲得しており、2月の時点で累計出荷台数が2万台を突破している。

セキュリティ研究者が脆弱性を発見したもので、指摘を受けたOwl Labsでは、「Meeting Owl Pro Software 5.4.1.4」を現地時間6月6日にリリース。あわせて「Whiteboard Owl Software 5.4.1.4」の提供を開始している。

同アップデートでは、「Wi-Fi APテザリングモード」において認証を回避され、ワイアレスアクセスポイントとして悪用されるおそれがある「CVE-2022-31460」に対処した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.4」。

また同社は同アップデートに先立ち、6月3日に「Meeting Owl Pro Software 5.4.0.15」をリリースしていた。デバイスやクライアント固有の識別子によって「MQTTサーバ」へのアクセスを制限したり、プライバシーデータを取得する「REST API」を利用できなくするなど、セキュリティ対策を追加していた。脆弱性の具体的なCVE番号などは言及していない。

(Security NEXT - 2022/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開