Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、現地時間5月20日に2件の脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に登録した。5月に入り、5度目の追加となる。

具体的には、NextGen Healthcareが提供する医療システムのデータ連携ソリューション「Mirth Connect」に判明した「CVE-2023-43208」を追加。信頼できないデータをデシリアライズする脆弱性で、悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。

さらに「Chromium」のスクリプトエンジンに判明した「CVE-2024-4947」を登録した。「Chromium」に関しては、立て続けにゼロデイ脆弱性が判明し、「CVE-2024-4671」「CVE-2024-4761」なども登録されたばかり。「Chrome」ほか、「Microsoft Edge」をはじめとする「Chromium」をベースに開発されているブラウザも影響を受けるおそれがあり、注意が必要となる。

悪用済みの脆弱性について対策や注意を促す「KEV」だが、5月に入ってから現地時間1日13日14日16日にも登録があり、今回で5度目。あわせて9件の脆弱性が追加されている。

このうち「Chromium」に関する3件、マイクロソフトが修正した「CVE-2024-30040」「CVE-2024-30051」の5件については、5月に修正されており、いずれも公開時にゼロデイ攻撃が発生していることが明らかにされている。

のこる3件については2023年以前に公表済み。「GitLab」に明らかとなった「CVE-2023-7028」についても2024年1月に公表されている。5月に入り追加された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-7028:GitLab GitLab CE/EE(2024/05/01)
CVE-2024-4671:Google Chromium(2024/05/13)
CVE-2024-30040:Microsoft Windows(2024/05/14)
CVE-2024-30051:Microsoft DWM Core Library(2024/05/14)
CVE-2024-4761:Google Chromium Visuals(2024/05/16)
CVE-2021-40655:D-Link DIR-605 Router(2024/05/16)
CVE-2014-100005:D-Link DIR-600 Router(2024/05/16)
CVE-2024-4947:Google Chromium V8(2024/05/20)
CVE-2023-43208:NextGen Healthcare Mirth Connect(2024/05/20)

(Security NEXT - 2024/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消