Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GitLab」の脆弱性、実証コードが公開 - 侵害状況の調査を

「GitLab」においてアカウントを乗っ取られるおそれがある深刻な脆弱性「CVE-2023-7028」が見つかった問題で、すでに実証コードなどが複数公開されている。セキュリティ機関では、被害などを受けていないか調査なども行うよう呼びかけている。

「CVE-2023-7028」は、パスワードリセット機能に明らかとなった脆弱性。現地時間1月11日にリリースされたセキュリティアップデート「同16.7.2」「同16.6.4」「同16.5.6」にて修正された。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは最高値の「10.0」、重要度は「クリティカル(Critical)」と評価されている。

未検証のメールアドレスにリセットメールが送信され、アカウントを乗っ取られるおそれがある。ただし、二要素認証を設定している場合、パスワードリセットは可能なものの、ログインに別の認証要素が必要となるため、乗っ取りは防げるとしている。

同脆弱性は、バグ報奨金プログラムを通じて報告され、セキュリティアドバイザリの公開時点では、「GitLab.com」をはじめとする同社プラットフォームにおいて脆弱性の悪用は検出されていなかった。

一方、セキュリティアドバイザリの公開後、同脆弱性の詳細や実証コードなどが複数のサイトで公開されており、悪用されるリスクが高まっている。

こうした状況を受け、JPCERTコーディネーションセンターでは、同脆弱性への対策や調査を実施することを推奨。GitLabのセキュリティアドバイザリでは、ログより脆弱性の悪用がなかったか確認する方法を説明しており、参考にするよう求めている。

(Security NEXT - 2024/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開