Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

先週注目された記事(2024年3月24日〜2024年3月30日)

2024年3月24日から2024年3月30日までの1週間にSecurity NEXTにおいて注目度が高かった上位10記事は以下のとおり。

1位:「Chromium」の深刻な脆弱性、すでに悪用済み - 「MS Edge」も緊急更新

2位:ブラウザ「Chrome」に「クリティカル」の脆弱性 - 更新を

3位:USBメモリを紛失、暗号化済みだがPW貼付 - NEXCO西日本

4位:JVNで6製品の使用中止を呼びかけ - 脆弱性見つかるも開発者と連絡不能

5位:「SharePoint Server」の脆弱性悪用に要警戒 - 米当局が注意喚起

6位:労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出

7位:Apple、「iOS」「iPadOS」のセキュリティアップデートを公開

8位:個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超

9位:米当局、脆弱性3件の悪用に注意喚起 - FortinetやIvantiの製品が標的に

10位:サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」

(Security NEXT - 2024/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ