Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chromium」の深刻な脆弱性、すでに悪用済み - 「MS Edge」も緊急更新

ブラウザ「Chromium」に複数の脆弱性が判明したが、一部脆弱性がすでに悪用されていることがわかった。影響も大きく、「Chrome」や「Microsoft Edge」をはじめ、「Chromium」をベースとするブラウザでは注意が必要だ。

グラフィックスライブラリ「ANGLE」に判明した解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-2883」が悪用されていることが明らかとなったもの。

Googleは、現地時間3月26日に「Chrome 123.0.6312.87」「同123.0.6312.86」をリリースし、同脆弱性を含む脆弱性4件を修正した。

「CVE-2024-2883」については、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。3月3日に報告を受けたとし、発見者へ報奨金が贈られるとしているが、アドバイザリで悪用に関する言及はなかった。

一方マイクロソフトは翌27日、Chromiumチームより「CVE-2024-2883」の悪用について報告を受けたことを明らかにし、「Chromium 123.0.6312.87」「同123.0.6312.86」がベースとなる「Microsoft Edge 123.0.2420.65」を同日リリースし、脆弱性へ対処した。

(Security NEXT - 2024/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市