Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JVNで6製品の使用中止を呼びかけ - 脆弱性見つかるも開発者と連絡不能

脆弱性が見つかったものの長期間にわたり開発者と連絡がつかないことから、脆弱性情報のポータルサイト「JVN」を通じて6製品の使用中止が呼びかけられている。

脆弱性の修正に向けた調整が不可能であると判断し、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインのもと、「JVN」を通じて脆弱性を公表し、製品の使用中止を呼びかけたもの。

脆弱性が見つかり調整を図ろうとしたものの、連絡先が不明であったり、連絡先からの返信がなかった。また「連絡不能開発者一覧」を公開して連絡を求めたり、情報提供などを呼びかけるなどの対応も行ってきた。

対象は、ファイルアーカイバ「解凍レンジ(CVE-2024-28131)」、テレビ予約録画ツール「TvRock(CVE-2024-26018)」、プロクシサーバ「WebProxy(CVE-2024-28033)」、掲示板プログラム「Mini Thread(CVE-2024-28034)」「ffBull(CVE-2024-28048)」「ぜろちゃんねるスクリプト(0ch)(CVE-2024-28126)」の6製品。

製品によって脆弱性の判明時期は異なるが、脆弱性の報告から少なくとも8年、長いもので16年が経過している。

いずれも脆弱性の対策状況がわかっておらず、脆弱性を悪用されるおそれもあることから、使用の中止を検討するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2024/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用