Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SharePoint Server」の脆弱性悪用に要警戒 - 米当局が注意喚起

米当局は、「Microsoft SharePoint Server」の脆弱性「CVE-2023-24955」が悪用されているとして注意喚起を行った。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が現地時間3月26日に同脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加し、米行政機関に対して一定期間内に対応するよう求めた。脆弱性そのものは広く悪用されるおそれもある。

同脆弱性は、「SharePoint Server」においてリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性。2023年5月に公開した月例セキュリティ更新で修正している。

悪用には認証が必要となり、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.2」となるが、同社は脆弱性の重要度を4段階中もっとも高い「緊急(Critical)」とレーティングしていた。

「SharePoint Server」に関しては、2023年6月に修正された「CVE-2023-29357」の悪用が判明しており、2024年1月に同カタログへ追加されている

「CVE-2023-29357」は、2023年9月にセキュリティ研究者が「CVE-2023-24955」と組み合わせることでリモートよりコードの実行に成功したと投稿。同月には実証コード(PoC)が公開されていた。

(Security NEXT - 2024/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ