Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Chrome」に「クリティカル」の脆弱性 - 更新を

Googleは現地時間3月26日、同社ブラウザ「Chrome」のセキュリティアップデートをリリースした。複数の脆弱性に対処している。

WindowsおよびmacOS向けに「Chrome 123.0.6312.87」「同123.0.6312.86」、Linux向けに「同123.0.6312.86」をリリースしたもの。セキュリティに関する7件の脆弱性を修正した。CVEベースで4件の脆弱性を解消している。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件。グラフィックスライブラリ「ANGLE」において解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-2883」を修正した。3月3日に報告を受けたという。

のこる3件の脆弱性については、重要度を2番目に高い「高(High)」とレーティングしている。

「Dawn」における「CVE-2024-2885」や、「WebCodecs」の「CVE-2024-2886」など「Use After Free」の脆弱性2件に対応。WebAssembly」における型の取り違えの脆弱性「CVE-2024-2887」を解消した。

今後、数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-2883
CVE-2024-2885
CVE-2024-2886
CVE-2024-2887

(Security NEXT - 2024/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県