Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリを紛失、暗号化済みだがPW貼付 - NEXCO西日本

西日本高速道路は、関西支社において個人情報が保存されていた可能性があるUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、2月13日に従業員が社内においてUSBメモリ1個が見当たらないことに気付いたもの。社内システムのログを調べたところ、内部に個人情報が保存されている可能性があることが3月5日に判明した。

問題のUSBメモリ内部には、事故などにより道路を損傷させた人にその復旧費用の負担を求める原因者負担金に関する個人情報191人分を保存していた可能性がある。氏名や住所のほか、法人名などが含まれる。

USBメモリのデータは暗号化されているが、パスワードがUSBメモリの本体に貼付されているという。

同社では対象となる関係者へ個別に連絡する。また3月11日に個人情報保護委員会に対して報告を行った。

(Security NEXT - 2024/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社