Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米当局、脆弱性3件の悪用に注意喚起 - FortinetやIvantiの製品が標的に

米政府は、積極的に悪用されているとして脆弱性3件について注意喚起を行った。3月にセキュリティアドバイザリが公開されたばかりの「FortiClientEMS」なども攻撃の標的となっている。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、現地時間3月25日に脆弱性3件を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加した。

同リストに追加された脆弱性は、悪用を防止するため米行政機関では一定期間内に対応する義務が生じる。また脆弱性そのものは広く悪用されるおそれがあり、対象製品の利用者は注意が必要となる。

追加された脆弱性のひとつは、Fortinetのエンドポイント管理製品「FortiClientEMS」に明らかとなった「CVE-2023-48788」。「SQLインジェクション」の脆弱性で悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

現地時間3月12日にセキュリティアドバイザリを公開し、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」として注意を呼びかけていた。

(Security NEXT - 2024/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用