Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」

サイバー攻撃において「正規アカウント」を標的とするケースが増加している。初期侵入に悪用したり、侵入後に窃取されるといった被害も多い。

日本IBMが、2023年1月から12月にかけて同社が対応したインシデントやペネトレーションテストなどの結果などを中心に脅威動向を取りまとめたもの。

20240328_ib_001.jpg
2023年にサイバー攻撃で影響を受けた内容(グラフ:日本IBM)

サイバー攻撃によって組織が受けた影響を見ると「データ窃取、漏洩」が32%でもっとも多かった。

情報を窃取するマルウェア「インフォスティーラー」を利用するケースが前年の3.6倍に拡大したことも影響している。正規ツールを悪用してデータを持ち出すケースも増加しているという。

また「脅迫」が24%で前年から3ポイント増加。日本国内ではサポート詐欺などの被害も引き続き発生している。「認証情報の窃取」が23%で続いた。

ランサムウェアによる被害については、初期侵入から暗号化が行われるまでの平均時間が前年の92.4時間から92.2時間へと減少。2021年以降は100時間を切る状況が続いており、1637時間だった2019年と比較すると16分の1以下まで短縮している。

(Security NEXT - 2024/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー