Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米当局、悪用済み脆弱性リストに5件を追加

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、現地時間7月19日以降、5件の脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に追加した。いずれもベンダーからアップデートが提供されており、悪用が確認されていることも告知されているが、あらためて注意が必要だ。

積極的な悪用が確認されているとして、CISAが同リストへ脆弱性を追加したもの。追加された脆弱性は、米行政機関において一定期間内に対応する義務が課される。また追加された脆弱性そのものは広く悪用される可能性があり、製品を利用するすべての組織に注意が呼びかけられている。

7月19日に追加した「CVE-2023-3519」は、「NetScaler ADC」「NetScaler Gateway」に明らかとなった脆弱性。6月より重要インフラ事業者にゼロデイ攻撃が展開されており、CISAにおいても注意喚起を行っている。

翌20日には、「Adobe ColdFusion」に関する脆弱性「CVE-2023-38205」「CVE-2023-29298」を追加した。同製品に関しては、7月に入ってから次々と深刻な脆弱性が判明しており、3度にわたり緊急性が高いアップデートがリリースされている。

さらにIvantiのモバイルデバイス管理ソリューション「Ivanti Endpoint Manager Mobile(EPMM)」に明らかとなった「CVE-2023-35078」を同月25日に追加。過去に「MobileIron Core」として展開された製品であり、すべてのバージョンが影響を受ける。

またAppleが、Macスマートデバイス向けにアップデートをリリースし、修正を行ったカーネルの脆弱性「CVE-2023-38606」を追加している。同アップデートでは、7月13日に同リストへ追加された「WebKit」の脆弱性「CVE-2023-37450」の修正なども行われている。

(Security NEXT - 2023/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を