Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe ColdFusion」に緊急性高い脆弱性 - 早急に更新を

Adobeは、同社2製品に関するセキュリティアドバイザリをリリースした。緊急性が高い脆弱性も含まれる。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」の7月11日にあわせて、「Adobe ColdFusion」および「Adobe InDesign」のセキュリティアドバイザリを公開したもの。

「Adobe ColdFusion」では、3件の脆弱性を明らかにした。「CVE-2023-29300」は信頼できないデータをデシリアライズする脆弱性で、悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアは「9.8」と評価されている。

またセキュリティ機能をバイパスされる「CVE-2023-29298」は、CVSS基本値が「7.5」と評価されており、これら2件の脆弱性の重要度を、3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とした。

同社では、脆弱性を解消した「同2023 Update 1」「同2021 Update 7」「同2018 Update 17」を提供している。

セキュリティアドバイザリにおいて、脆弱性の悪用に関する言及はないが、悪用される可能性が高いと見られ、同社はアップデートの適用優先度を3段階中もっとも高い「1」とレーティング。72時間以内を目安にできるだけ早くアップデートを実施するよう利用者に呼びかけた。

(Security NEXT - 2023/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
教員がサポート詐欺被害、個人情報に攻撃者がアクセス - 熊取町
フランスのグループ会社でランサム被害、詳細を調査 - ダイセル
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開