Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月に修正された「CVE-2015-5560」もEKの攻撃対象に

8月にAdobe Systemsが公開した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートにより修正された脆弱性が、早くもエクスプロイトキットによって悪用されている。

エクスプロイトキットの「Angler」に、「CVE-2015-5560」に対する攻撃機能が追加されていたもので、フランスのセキュリティ研究者が報告した。同脆弱性は、8月12日に公開された「APSB15-19」で修正されたが、早くも8月下旬より攻撃対象となっているという。

また「Angler EK」は、8月初旬よりIEの脆弱性「CVE-2015-2419」を悪用していることが明らかとなっているが、今回の攻撃にも用いられていた。

同脆弱性は、「Jscript9」においてメモリ破壊が生じる脆弱性。マイクロソフトでは7月に公開した月例パッチ「MS15-065」で修正している。

今回明らかとなった攻撃以外も、「Angler EK」は活発に「Adobe Flash Player」の脆弱性を悪用している。3月に修正された「CVE-2015-0336」や5月に公開された「CVE-2015-3090」などに関しても、2週間弱で攻撃を開始している。

イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamから流出した脆弱性に関しては、「CVE-2015-5119」「CVE-2015-5122」など、修正プログラムの公開前にゼロデイ攻撃を展開。POSを対象としたあらたな攻撃も、セキュリティベンダーにより確認されるなど、攻撃対象も拡大している。

(Security NEXT - 2015/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か