Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Angler EK」がPOSシステムを標的に - サンドボックス回避機能なども

米Trend Microは、エクスプロイトキット「Angler」を用いたPOSに対する攻撃を確認した。感染対象におけるセキュリティ対策の状況や、POSの環境などを調べていたという。

同社が確認した攻撃は、「Angler EK」が「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2015-0336」「CVE-2015-3104」を悪用し、マルウェア「TROJ_RECOLOAD.A」を感染させる手口。さらに感染先で端末が「POSシステム」に関連するか確認する機能を備えていた。

感染にあたっては、セキュリティ対策製品の検知を避けるために、ファイルを用いず、直接メモリ上へ書き込む「Angler」の機能を利用。さらに感染先では、仮想化やサンドボックス、解析ツールなどを用いていないか確認していた。検知されるおそれがある場合は、不正活動を実行しないという。

その上で、感染端末において特定のウェブサイトや「VeriFone」といったPOS端末メーカーなど、キーワードによる検索を実行して環境を調べ、条件にあわせたマルウェアを感染させていた。

一連の流れから、同社では今回の攻撃について、ウェブベースで動作するPOS端末を狙ったものと見ており、POSを対象としたマルウェアを感染させる方法を模索しているのではないかと分析している。

「TROJ_RECOLOAD.A」へ感染するリスクを下げるため、同社はセキュリティ更新プログラムを適用して脆弱性を解消することや、アクセスするサイトの安全性を確認するといった対応が必要であると指摘。ホワイトリストにより、アクセスできるサイトを業務で必要なサイトに制限するなど、セキュリティ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
「Drupal」に深刻なRCEの脆弱性 - 早急に脆弱性対応を
PostgreSQL環境向けミドルウェアの管理ツールに脆弱性 - DB管理者権限を奪われるおそれ
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
PHPのパッケージリポジトリ「Packagist」に脆弱性