Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

修正直後のFlash脆弱性に早くも攻撃 - アクセスの9割が日本

3月12日に修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性を狙う攻撃が発生している。ウェブサイト経由で悪意あるファイルが配布されており、サイト訪問者の9割が日本国内からだったという。

3月18日以降、複数のセキュリティベンダーが、エクスプロイトキット「Nuclear」による脆弱性「CVE-2015-0336」の悪用を確認しているもの。

「CVE-2015-0336」は、「Adobe Flash Player」において、データの型を取り違える脆弱性。細工したファイルを開くと、コードが実行されるおそれがある。FireEyeでは、「Nuclear」とは別のエクスプロイトキット「Angler」による悪用も確認している。

20150323_tm_001.jpg
国別のアクセス状況(グラフ:Trend Micro)

米Trend Microによれば、「Nuclear」による攻撃では、改ざんされたウェブサイト経由で脆弱性を悪用するファイルが配布されており、そのなかには、日本のアダルトサイトも含まれていた。

また同社が問題のURLに対するアクセス状況を調査したところ、3月20日の時点ですでに8700人以上が訪問しており、そのうち91.9%が日本からのアクセスだったという。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加