Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashゼロデイ脆弱性は容易にコード入手、攻撃が可能 - SBTが警鐘

「Adobe Flash Player」にあらたなゼロデイ脆弱性2件が報告された。Adobe Systemsでは7月12日の週にアップデートを公開する予定だが、すでに「CVE-2015-5122」は、エクスプロイトキットによる攻撃にくわえ、攻撃コードを用いて簡単に攻撃できる「危険な状態」にあるという。

「CVE-2015-5122」は、「Flash」の「DisplayObjectクラス」において、解放したメモリにアクセスするいわゆる「use-after-free」の脆弱性。悪用されると、リモートより任意のコードが実行され、システムの制御を奪われるおそれがある。

同脆弱性は、イタリアのセキュリティベンダーHacking Teamからのデータ流出により明らかとなったもの。Adobe Systemsでは、7月8日にHacking Team関連の脆弱性「CVE-2015-5119」に対し、緊急アップデート「APSB15-16」を公開しているが、その後明らかとなった。

そのため、「APSB15-16」では修正されておらず、現状、脆弱性を修正する手段は用意されていない。Adobe Systemsでは、前回のアップデート公開後に判明した「CVE-2015-5123」とともに、7月12日の週に公開予定のアップデートで修正する方針だ。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
macOS向けに「.NET Framework」を用いた攻撃 - 「Gatekeeper」を回避
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Flash Player」がアップデート - セキュリティ修正含まず
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか