Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月のUDで修正された「Flash Player」脆弱性の悪用を確認 - 緩和策の回避も

5月のセキュリティアップデートで修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性を狙う攻撃が、早くも発生している。エクスプロイトキットで使用されており、難読化なども行われていたという。

エクスプロイトキット「Angler」による脆弱性「CVE-2015-3090」の悪用を米FireEyeが確認したもの。先日、本サイトでもAdobe Flash Playerの脆弱性が短期間で悪用されていることを報じたが、今回のケースでは、米国時間5月12日のセキュリティアップデート公開から2週間を経過する前に悪用が開始された。

また同社の分析によれば、今回の攻撃では「SecureSWF」による難読化を実施。マイクロソフトでは、開発者向けにコードハイジャックを遮断する緩和策「Control Flow Guard(CFG)」を提供しているが、「CVE-2015-0359」を悪用したケースと同様に同機能を回避する機能も備えていたという。

(Security NEXT - 2015/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「Flash Player」の偽更新プログラムに注意 - 正規更新で攻撃を隠ぺい
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「Adobe Flash Player」のアップデートがリリース - 脆弱性5件を解消
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件