Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も

12月21日ごろより、メールによるマルウェア「Emotet」の感染活動が展開されており、広範囲で観測されている。感染の発見を遅らせるため、プログラムなどに改良も加えられていた。

「Emotet」は、感染端末よりメールアドレスやメール本文を窃取し、関係者を装ってメールを送信して感染を広げることで知られるマルウェア。10月末より一時活動が収束していたが、12月後半に入ってふたたび感染活動を再開した。

国内外で感染メールが確認されており、クリスマスメールや賞与支給など、時節の話題を装うケースが確認されているほか、新型コロナウイルス感染症の話題に便乗したり、請求書を装うなど、さまざまなケースが見つかっている。

日本プルーフポイントによると、同社サービス利用者において少なくとも1000社以上でこうしたメールが観測されるなど、大量の拡散が見られたという。

セキュリティ製品の検知を逃れるため、パスワードを設定したzipファイルも引き続き悪用されていた。また23日に確認されたキャンペーンでは、「Trickbot」をペイロードとして展開していたという。

(Security NEXT - 2020/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも